チリーズの上場は間も無く…

皆さんこんにちは!!

クリプトキャプテンです。

今回は、ERC20⇄BEP2への移行方法をシェアいたします。

メリットとデメリットを記載しているので、ご自身で判断をお願いします。

僕は勿論ERC20のままです!!

復習

現状皆様が持っている$CHZは、イーサスキャンで確認できるようにERC20トークン(イーサリアムベース)です。

そして、Chilizが戦略的パートナーを結んだBinanceの独自チェーンはBEP2(バイナンスチェーン)です。

それでは、BEP2へ以降するメリットとデメリットを見ていきましょう。

BEP2へ以降するメリット

⑴$CHZの売却が可能

今後BEP2ERC20は統合しますが、現状は$CHZの売却が出来る事しかメリットはありません。

売却を検討している方はコチラ!

BEP2へ以降するデメリット

⑴最初からsocios.comアプリを受け付けるのはERC20$CHZのみなになります。

⑵一度でもBEP2に以降すると、片道切符の為、ERC20の$CHZに戻すことが出来ない。

⑶主要な取引所で$CHZの売買が出来ないかもしれない。(統合するまでは…)

上記の通り、アプリローンチの際にアプリの使用を検討している方は、ERC20のままにしている事をお勧めします。

但し、ERC20とBEP2の統合は第3四半期 or 第4四半期を目処に行うとの事です。

纏め

⑴$CHZの売却を考えている方は、BEP2へ移行。但し、一度以降するとERC20に戻すことが出来ない。

⑵初期のSOCIOSアプリはERC20トークンのみの対応。初期の段階からアプリの使用を検討している方は、何もする必要はありません。

⑶個人的な意見ですが、確実に売り圧は減るでしょう… 素晴らしい戦略だと思っています。

上場日は未定ですがいよいよですね!

ワクワクしますね☺️☺️☺️

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です