仮想通貨取引所バイナンス 独自ブロックチェーン

先月仮想通貨取引所大手バイナンスは、独自ブロックチェーン「バイナンスチェーン」のメインネットを公開しました。

Binance Chainとは

2019年4月18日バイナンスチェーンのメインネットローンチが無事に行われました!

Binance Chainとはバイナンス独自の『ブロックチェーン』になり、資産移転取引着目したブロックチェーンです。

独自ブロックチェーンとは、新しい通貨(コイン)を発行する際に基盤構築するものです。

世界最大の取引所、バイナンス(Binance)は以前から準備していたバイナンス・チェーン(Binance Chain)のメインネットローンチを行い、バイナンス独自通貨『BNB』の移行を正式に発表しました。

バイナンスDEX:https://www.binance.org/en/
テレグラム:https://t.me/BinanceDEXchange
コミュニティForum:https://community.binance.org/

Binance Chainのメリット

既存の分散型取引所では、次のような課題に直面していると、バイナンスは分析しています。

  • 多くのユーザーにとってプラットフォームの使い勝手が悪い
  • 取引のスピードが遅い
  • 流動性の欠如

そこでバイナンスが培ってきた取引所運営の成功経験を生かし、現状の課題を解決する事を自社の使命として掲げました。

バイナンス 分散型取引所には次のような機能やメリットがあります。

  • 異なるアドレス間におけるBinance Coinの送受信
  • 新しいトークンの発行、送受信、バーン、ミント、凍結と凍結解除
  • チェーン参加者による新しい取引ペアの提案
  • 使い勝手の良いインターフェース(バイナンスと同じ仕様)
  • 自分独自のアドレス作成が可能

Binance Chainが最もアクティブになる可能性

Binance Chainは、2月~3月にテストネット環境でパブリックベータを提供していました。DEX(分散型取引所)のパブリックベータは、テストネットではあるものの、トレードに参加をしたユーザーには、後にBinance Chainのメインネットにスワップをする予定の、テストネットではないイーサリアム上のBNBをリワードとして配布していました。公式のブログによると、Binance Chainは、テストネットで730万のトランザクションと66万6,000の新規アドレス、320のトークン生成を記録しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です