通貨・為替

経済指標

為替は各国の経済状況によって変動していくので、各国の経済状況を把握すること は非常に重要です。

経済状況を調査するというと、何だかとんでもない労力が必要になりそうなイメージを 持たれるかもしれませんが、そんなことはありません。

「経済指標」というものがあるので、これを見れば各国の経済状況が分かってきます。

経済指標とは、経済状況を示すものとして、貿易収支や失業率などを数値化して公 表されているものです。

定期的に公表され、前回との比較も確認できるので経済状況の変化が把握できます。

政府などの公的機関から公表されるものなので信頼性もあるので、多くのトレーダー が注目しています。

そのため、経済指標の発表直後は相場が急変動することも珍しくはありません。

ですので経済指標の発表直後はトレードを控えたほうが無難です。

とくに重要度が高い指標の発表時は相場が激しく急変します。

経済指標の公表は、あらかじめ何日の何時に公表されるというようにスケジュールさ れています。

経済指標の確認は、ヤフーファイナンスやFX業者のホームページで確認できます。

以下は、ヤフーファイナンスで公開されている経済指標です。

このように、経済指標の公表はあらかじめスケジュールされています。

1日のうちに何度か公表されるので、全てチェックするのは難しいでしょうが、重要な ものはチェックしておいたほうがいいでしょう。

「どれが重要か分かんない」と思う方も多いと思いますが、重要とされる項目にはそれ と分かるように記載されています。

ヤフーファイナンスでは☆の数で記載されています。

経済指標では、公表される前の「予想」と公表された後の「結果」が確認出来るように なっています。

注目すべきポイントとしては、経済指標で公表される「結果」だけではなく、「予想」にも 注目です。

というのも、「予想」と「結果」で数値が大きく離れているときほど、変動は激しくなりや すいからです。

経済指標で公表される「結果」だけではなく、「予想」にも相場は影響しています。

例えば、もし日本の失業率が悪化すると予想されていたとしましょう。

そうなると、円安に繋がりやすくなります。

しかし、フタをあけてみると、予想されていたほど失業率は悪化していないという結果 になることだってあります。

例え、悪化の方向に進んでいたとしても、「予想されていたほどは悪化していない」と いう結果であれば、反対に円高へと傾くことだってあります。

経済指標に関してはこれだけ抑えれば十分です。

関連記事

  1. 為替介入

  2. FRB、12月の利上げ後は「様子見姿勢」か

  3. マネーサプライと為替

  4. 物価と為替

  5. GDPと為替

  6. 貿易収支と為替

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP