通貨・為替

金利と為替

金利

投資をする場合や為替に関る上で一番基本となる金利の話をします。

「金利」とは預金や貸した資金に対する利子や利息の割合のことです。

わかりやすくいいと「お金の賃借料(使用料)」でいわばお金のレンタル料です。

金利が高いと貸す側は嬉しいですね。

金利が低いと借りる側は嬉しいですね。

金利が低くても、お金が借りれる、お金が集まるのはそれだけ信用力があり安全だと思われてるということです。(貸したお金が確実に返ってくると思われてる)

金利が高くないとお金を借りれないというのは、それだけ不安定で危険だと思われてるということです。(お金が返ってこないリスクがあるけど金利で稼げるし貸してもいいかな)

金利はお金のレンタル料ですので、お金に対する需要と供給によって水準は上下に動きます。

お金の需要と供給に影響を与える要因は様々ありますが大きな要因としては

・景気
・物価
・為替
・株価

があります。

ここでは「お金のファンダメンタルといえば、まず金利」というくらい大事な金利と為替の関係について記事にします。

為替取引する上で一番基本の話になると思うので既に知ってる人もいてると思いますが改めて記事にします。

金利と為替の関係

金利の上下の変動と為替について話ます。

例えばドル/円で考えた場合

もし日本の金利が上昇した場合、海外の投資家にとって金利が高いのは有利なので日本の債券を買いたいという意欲が強まります。

その際、外国為替市場でドルを売って円を買って日本の債券を買う動きが増えるため円は強くなり円高になります。

基本的には金利の高い国に資金は集まりやすいです。

例えば定期預金をしたいと思ってる人がいるとします。

日本の銀行の定期預金の金利が2%として、米国の銀行の定期預金の金利が1%とすれば、為替相場の影響を抜きにして考えるなら魅力的なのは日本です。

この場合、ドルを円に換える動きが強まりやすいので円高になりやすいです。

逆に米国の金利のほうが魅力的であれば円安になりやすいです。

つまり、金利の上昇は自国通貨高の要因、金利の低下は自国通貨安の要因になります。

ただし、これは理論上の話です。

為替相場や金利はこの他にも様々な影響を受けるため、あくまで判断の材料のひとつとして考える必要があります。

また相場は先行きの予測の段階で動くということも注意して見ておく必要があります。

各国の金利差

その国の経済力を見るには経済指標を見て判断しますが、もっとも重要視される指標は「金利」です。

各国の金利には、政治や経済、投資家や企業の思惑、資金需給など、すべての要素が含まれます。

「為替のファンダメンタルは金利」といわれるほど投資家は重視しています。

この金利を見る場合、もっとも注目すべきは国と国の「金利差」です。

例えば「ドル/円」の通貨ペアであれば、米国と日本の金利差を見ます。

日本の金利がゼロで、米国が利上げ(政策金利の引き上げ)をしていたとしたら日本と米国の金利差は拡大します。

この場合、日本の円で保有していても金利収入はないけど、米国のドルだと金利収入が見込めるので、多くの投資家は円からドルに代える動きをするでしょう。

つまり円は売られドルが買われ円安ドル高の要因となります。

逆に日本が利上げをして、米国の政策金利が据え置きとなった状態の場合、先ほどとは反対に円高ドル安へと為替相場は動く傾向が強くなります。

このように、為替は対象となる国同士の金利差が拡大したのか、縮小したのかを見て動向を判断するのが基本となります。

為替相場を見る場合の金利

先ほどは「利上げ(政策金利の引き上げ)」の金利差の説明をしました。

政策金利はその通貨に魅力があるかないかを示し、為替の動向を把握するのに欠かせない金利なのです。

ですので政策金利や政策金利の金利差は重要なのですが、より重視しなければいけない金利があります。

それは「市場金利」です。

市場での需要と供給によって変動する金利です。

そもそも、まず政策金利とは何か?から説明しますね。

政策金利は中央銀行(日本なら日銀、米国ならFRB)が決める金利で、中央銀行が市中の民間銀行にお金を貸すときの金利です。

政策金利が引き下がれば、その分市中の民間の銀行はお金を借りやすくなるので市場(世の中)にお金が流れやすくなり資金供給がされる状態となります。

景気が冷えており景気拡大させたい場合に政策金利を引き下げてお金を借りやすくして企業や個人にお金が回るようにします。

金利が低いので借りる側には有利ですが貸す側には不利なので金利収入がとれないので通貨安になります。

反対に政策金利が引き上がれば、市中の民間銀行はお金を借りにくくなるので市場(世の中)にお金が流れにくくなり資金供給がされない状態となります。

景気が過熱してきたとき景気を冷ますために政策金利を引き上げてお金を借りにくくして市場に回るお金を少なくします。

金利が高いので借りる側には不利ですが貸す側には有利なので金利収入を期待して通貨高になりやすいです。

ただ金利を高くするのには景気がいいときだとは限りません。

経済が脆弱で金利を高くしてでもお金を借りたい場合なんかも金利が高くなる傾向が強いです。

トルコや南アフリカ、東南アジアなんかがそうです。

どれも高金利通貨ですが経済のファンダメンタルにリスクが多く弱い通貨なので金利を高くしないとお金が集まりませんから金利は高く設定されています。(高金利なぶんリスクも高い不安定な通貨)

政策金利も重要ですが為替は実際の市場にどれだけお金が流れるかを重視するので、市場金利の動向が重要視されます。

市場金利とは金融機関同士がお金の貸し借りをする時に適用される金利のことをいいます。

市場金利には短期金利の代表格である無担保コール翌日物レートなどがありますが為替動向を知る上で市場金利を見るのなら、もっとも注目されるのは市場金利の中で長期金利の代表格である「新発10年国債利回り」です。

日本の場合であれば「日本10年国債利回り」、米国の場合であれば「米国10年国債利回り」です。

「新発10年国債利回り」を指標としているのは「長期金利」ですので市場金利を見る場合は「長期金利」がもっとも注目されるということです。

長期金利とは「その国の10年債利回り」だと覚えてください。

例えば「ドル/円」の場合であれば、日本の長期金利(10年債利回り)と米国の長期金利(米10年債利回り)の動向がもっとも注目されるということです。

為替相場を見る場合は金利差が重要と書きましたが、例えばドル/円の場合であれば金利差を見る場合は名目金利で見るのが一般的です。

ただし、日本、もしくは米国の金融政策への期待が先行する相場となっている場合は、名目金利から期待インフレ率を差し引いて計算される「予想実質金利」に相場が連動することもあるので、その際は、予想実質金利の差を見たほうがよい場合があります。

金利差を見る場合の注意点

市場金利を見る際、もっとも注目されているのが「新発10年債利回り」と書きましたが、少し注意点があります。

1つ目は、投資家は先行き見越して動くということです。

例えば、日本がゼロ金利政策を維持しているときは、米国がこれから利上げに向かう観測が出始めると現状では金利差が変わらないとしても、近いうちに金利差が拡大することを見越して先に投資家は行動を取るので先行して円安ドル高に動くことがあるので注意してください。

もし近いうちに米国が利上げに動く可能性があるなら、米2年債利回りなど、もう少し期間の短い国債の動向を見たほうがいい場合があります。

米国2年債利回りと日本2年債利回りの金利差がドル/円との相関が高いとされています。

2つ目は、米国債の入札週があるときは注意が必要です。

米国債の入札週はその動向を警戒する投資家が多くなりますので為替が不安定になりやすいです。

ですので米国債の入札週は注意が必要です。

3つ目は、米国債利回りは上がりにくくなっています。

昨今、米国債を大量に買っているのは中国です。

中国は輸出で儲けたいために人民元をある程度安く推移させておく必要があります。

よって中国は米国に輸出して儲けたお金で米国債を買っています。

債券は買われると価格が上がる反面利回りは低下するので、米国債を大量に買っている中国の存在が米国債利回り低下の圧力として常にかかっているので思ってるより米国債利回りは上がりにくいです。

4つ目は、金利が高くなれば経済状態がよいとは必ずしもいえないことです。

先ほど話したように政治や経済が安定していないと金利が高くなることもよくある話です。

東南アジアやトルコ、南アフリカなどの新興国は政治や経済が不安定ですので金利を高くしないとお金が集まりません。

国の通貨の価値も弱く高金利にしてます。

その国の通貨を持つリスクも同じように高いということです。

この場合、金利が高くても、その国の通貨が高く推移するとは限りません。

こういったケースの国は、時に非常に危険な状態にあります。

例えば、アルゼンチンは経済状況がよくないので金利を引き上げて通貨高にしようとしましたが、ここに歪みができデフォルト(債務不履行)を起こした過去があります。

アルゼンチン以外にも同様でトルコリラやタイバーツなんかも通貨危機を引き起こしました。

高金利の国の通貨はそれだけリスクが高いということです。

高金利の投資する場合は要注意してください。

よって金利を見る場合は経済状況もよく見ておく必要があります。

関連記事

  1. 為替介入

  2. 株価と為替

  3. 貿易収支と為替

  4. トランプ大統領、FRBの利上げを批判!今後の為替について

  5. 原油と為替

  6. 失業率と為替

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP