ブロックチェーン

日本初!つくば市でブロックチェーンとマイナンバーを活用した投票が開始

日本初のブロックチェーンとマイナンバー技術を活用したネット投票がつくば市で20日から行われている。

この試みはつくば市の支援事業のプロジェクトを選ぶ投票に活用されるようだ。

この件に関してつくば市の市長は、

「ブロックチェーン技術により、投票における改ざんの問題を解決できる」

と投票へ透明性をもたらすことに期待している。

また今回のネット投票は、つくば市に設置された投票用のパソコンに接続されたカードリーダーにマイナンバーカードをセットし、本人確認を行うという。

将来ネット投票は確実になると話していた市長自ら、期日前に投票を完了させたそうだ。

ちなみに今回の実験をつくば市と行ったVOTE FORの市ノ澤社長は、

「将来的には実際の選挙でもこのシステムで投票を実現させ、宇宙からでも投票ができるようにしたい」

と発言するなど、ブロックチェーンを活用したネット投票に期待を寄せている。

日本では初の試みとなったが、海外でもブロックチェーンを使用した投票の研究は進んでいる。

スイスでは住民投票にブロックチェーンが使用されたり、米国で予備選挙でブロックチェーンがテストとして活用された。

ブロックチェーンが私たちの生活の一部となるのはそう遠くはないだろう。

関連記事

  1. Amazonがイーサリアムなどを利用したブロックチェーンサービスを開始…

  2. IBM、ブロックチェーン・AI・IoT分野で1800人の雇用創出

  3. 富士通、ブロックチェーンで異業種間データ共有、新たな街づくりに活用

  4. 米投資信託会社副社長「ブロックチェーンは次の産業革命促進の助けになる」…

  5. マイクロソフトと仮想通貨

  6. ブロックチェーンの先導国家として、カナダが頭角を現す理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP