大家さんには大打撃?サンゲツ、壁紙、床材、カーテン等卸売り価格を15~20%値上げ。10月1日から

秋以降の新築、改装に影響のありそうなニュース。

壁紙国内最大手のサンゲツが2018年10月1日受注分の壁紙の全商品の卸売価格を15~20%引き上げると発表した。

床材やカーテンなどの商品も同様に値上げの予定だ。

要因としては原油などの原材料価格の上昇のほか、物流にかかる経費も増加しており、コスト削減だけでは吸収しきれないとの判断で、値上げは約4年ぶりになる。

新聞報道によるとサンゲツの市場シェアは壁紙で約5割、塩ビ系の床材で4割のシェアを持っている。

床材とカーテンも含めた全商品が対象の値上げは今回が初という。

ところで、そこで気になるのは他社の追随である。

覚えていらっしゃる方もあろうが、2014年に壁紙値上げがあった際には翌年2015年に公正取引委員会が独占禁止法違反の疑いで壁紙などを販売するサンゲツ、シンコール、リリカラ、ルノン、トキワ産業の5社に立ち入り検査をしている。

その結果、2017年にはリリカラ、シンコールに排除措置命令、課徴金が課せられている。

サンゲツはその対象にはならなかったが、業界全体として足並みを揃えたがる傾向があるわけであり、今回の値上げの要因が他社に当てはまらないというわけはない。

タイミングは多少ずれるかもしれないが、いずれ他社も値上げに踏み切る可能性は高いのではなかろうか。

では、利用する立場として何か、自衛策はないか。

何社か、施工会社に聞いた。

まず、秋以降で新築、改修などの予定があるならあらかじめ発注しておくという手はあるが、漠然と「値上がり前に買いこんでおこう」は止めたほうが無難。

必要量をきちんと見積もって買うノウハウがあるなら別だが、不足が出る事態を考えると無駄になる可能性があるからだ。

また、材料支給での工事は職人さんに嫌がられる場合が少なくない。

それよりは高額なアクセントクロスを使わずに安価でもセンスの良いモノを選ぶようにする、タイプや間取りによっては各室違う壁紙を使うのを止めるなど、より無駄のない使い方を考えるほうが賢明だろう。

価格が上がった分をセンスでカバーするというわけである。

もちろん、そのためには他物件の見学その他、勉強も必要。

楽しては儲からないわけである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です