仮想通貨

マネーフォワード、年内に仮想通貨取引所の開設目指す

家計簿アプリなどを手掛けるマネーフォーワード(東京・港)は23日、年内に仮想通貨取引所を開始する計画を明らかにした。

また、夏には仮想通貨メディアの運営も始める。

完全子会社のマネーフォワードフィナンシャル(MFフィナンシャル)が同事業を担う。

ユーザーインターフェースなど利便性にこだわり、セキュリティを最優先した取引所にする。

日経新聞によると、ビットコインやイーサリアムといった主要な仮想通貨を取り扱う。

決済や送金、ポイント交換といった付帯サービスで、他社と差別化する。

同社は2600以上の金融機関やポイント事業者と連携しており、口座の残高、クレジットカードなどの利用明細の情報を利用者に提供している。これと同じサービスを仮想通貨でも展開する。

今年の夏以降に仮想通貨取引所を開始する計画のSBIバーチャルカーレンシーズと同様に、マネーフォーワードも手数料を抑え顧客を呼び込む戦略。

日経によると、家計簿アプリを20社の仮想通貨交換事業者の取引データと連動させ、仮想通貨専用の損益計算で確定申告をしやすくするサービスも始める方針だ。

関連記事

  1. XP(Experience Ponint)

  2. 仮想通貨を非難したバフェット氏にWeiss Rating社が真っ向から…

  3. 国際通貨基金IMFがブロックチェーン通貨に興味深々

  4. 韓国:新しい金融監督院長が仮想通貨に対し肯定的な姿勢を見せる

  5. バルト諸国で仮想通貨の導入が進む|独自トークンも検討? 

  6. マイクロソフトと仮想通貨

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP