分散型取引所(DEX)

分散型取引所(DEX)とは?

絶対理解しておくべき次世代型の取引所。

分散型取引所って聞いたことありますか?

BittrexやCoincheckといった中央集権型取引所とは異なり運営者が存在しない次世代型の取引所です。

運営者が存在しないことで、かつての問題を解決した、取引所のあり方について詳しく解説しました。

分散型取引所(DEX)

分散型取引所(DEX)とは、中央管理者を介さず、個人間で直接仮想通貨のやりとりができる取引所のことです。

ちなみに、DEXはDecentralized EXchangeの略です。

最近注目され始めている次世代型の取引所ですが、その仕組みを説明するために現在主流になっている中央集権取引所との違いに注目しながら見ていきたいと思います。

中央集権型取引所の仕組み

BittrexやPoloniex,Coincheckなどに代表される現在主流の中央集権型取引所では、それぞれの取引所を運営する中央管理者が存在します。

多くのユーザーは取引所に連携しているウォレットを利用したり、アカウント発行を取引所内で行ったりするため、その取引所に対して秘密鍵や個人の仮想通貨の資産を預けている形になっています。

つまり、ユーザーは取引所という場所をお金や個人の情報預けても大丈夫だと信用しています。

しかし、MtGox事件などに見られるように、中央集権型取引所は人の手で運営されているため、内部不正や外部からのハッキングなど様々な危険を孕んでおり決して安全だと言えなくなっています。

絶対公平による安全性の高さが評価されているブロックチェーン技術を利用した仮想通貨が、実は安全ではなかったなんて矛盾してますよね。

1月26日にはなんとあのコインチェックで、580億円相当のNEMが盗まれるという、大規模なハッキング事件がありました。

国内の取引所で、ある程度信頼度も得ていたコインチェックでもハッキングが起こってしまったので、やはり中央集権型の取引所に全信頼をおいてしまうのは危険なように感じます。

分散型取引所の仕組み

そんな中で、今注目されている新しい取引所の形こそがこの分散型取引所です。

分散型取引所が提供するのサービスは、取引板(何をどのくらい売りたいor買いたいのかの注文)を表示したり、取引板を生成できるようなシステムを維持することだけです。

分散型取引所では、資産の管理や取引を全てその分散型取引所の存在するブロックチェーン上で行い、秘密鍵は個人で完全に管理し、実際に取引する際にしか秘密鍵を使わないため資産は常に個人の管理下にあります。

イメージとしては、中央集権型取引所が取引所であるのに対して、分散型取引所は交換所といったところでしょうか。

このように安全で透明性の高く、中間マージンの取られない部分が評価されて、次世代型の取引所になると期待されています。

分散型取引所のメリット

中央管理者がいないから不要な手数料を取られない!

中央集権型取引所では、ハッキングリスクに対する防衛として多くの人員や高度なプログラムが必要であり、そのシステムを維持するのに莫大な費用がかかります。

そのためその取引所を利用するユーザーから多くの手数料を取る必要があります。

しかし中央管理者が存在する必要のない分散型取引所では、システムに対する防衛費など従来必要だったものを大幅にカットすることができるため、かかる経費を大きく減らすことができ、それが自然とユーザーに必要な手数料を減らす方向につながります。

ビットコインの存在により、多くの仲介管理業者が必要なくなると言われていますが、分散型取引所が実際に主流になったら、必要な手数料はマイニングにかかる費用だけになるかもしれませんね。

詐欺が起こりにくく規制されない

MtGox事件や詐欺ICOのように多くの人々から資産を預かっていたのに、内部の人間により意図的に資産の横領などが起これば、これはれっきとした犯罪ですよね。

そのようなことがあると国としても規制するしかありません。

実際、中国ではこの夏ICO規制がありましたし、このようなことが仮想通貨に対してマイナスイメージがつくのは避けれらないですよね。

しかし、分散型取引所ではそのような個人の資産が他者の悪意によって失われるということは起こりえません。

詐欺が起きにくいため規制がかかる可能性は少ないと考えていいでしょう。

その点でも信頼できるシステムだと言えますね

24時間365日動いている

中央管理している人がいないため、仮想通貨の取引はもちろん入金出金さえも毎日どの時間でも可能です。

中央集権型取引所では、仮想通貨の取引はできても入金出金は土日できないといったところも多く存在するため、このような時間にフレキシブルなところも評価されています。

取引したい時にいつでもできるというのは、このような値段が時事刻々と変化するものを扱う人にとって非常に大切なことですよね。

本人確認が不要

中央管理者がいないため本人確認する必要がありません。

そのため多くの分散型取引所では即日取引することが可能です。

ワンクリックで口座を開設することができる取引所も存在します。

びっくりですよね。

また個人情報を中央管理者に送るということはもしハッキングされたりなどしたら、その情報が抜き取られる可能性も0ではないですよね。。。

そのようなことを考えると、個人情報を送る必要がないということはかなりメリットの大きいことだと思います。

分散型取引所のデメリット

取引板が薄く流動性が低い

分散型取引所は技術的に新しく、最近できたばかりの取引所であるためその認知度は低くユーザー数も少ないです。

そのため取引量も少なく仮想通貨の流動性も少ないため、なかなか自分が思うような取引板を見つけるのは難しいかもしれません。

そのため今の時点ではユーザー数の多い中央集権型取引所の方が柔軟に取引できるでしょう。

しかしこの取引量が少ない問題は、時間とともに解決されるものだと言えるでしょう。

分散型取引所の認知度が上がり、その有用性を多くのユーザーが気づきさえすれば、分散型取引所がメジャーな取引所になることは必至でしょう。

現段階では様々なことに手数料が発生

先ほども述べたように、分散型取引所はただ取引板を提供するだけの存在です。

メリットにあげたように運営会社はその維持にほとんどお金がかからないためほとんど手数料は取られません。

ですが、サービスが上記の通り板を提供することだけで、毎回ブロックチェーンに書き込むため、入金や出金、取引板から注文を選んで取引するには毎回手数料が少しづつかかります。

そのため初めのほうは、たくさん手数料を取られているように感じてしまいますが、慣れれば最小限に手数料を抑えられれ中央集権型取引所を利用するよりも圧倒的に安く済みます。

しかし、実際入金や出金に手数料がかかるのは少しもったいない気もしますよね。。。

また最近では毎回の手数料を減らしたりなくしたりできるようなICO通貨やプラットフォームサービスも増えてきているため、この問題も時間で解決できると考えてもいいかもしれません。

取引ペアが少ない

分散型取引所の基軸通貨となるのは、その分散型取引所のプラットフォーム上の通貨もしくは独自の通貨になります。

そのため大抵イーサリアムとアルトコインまたは独自の通貨とトークンといったペアの取引がメインになります。

ビットコインやフィアットなど複数の有名通貨を基軸通貨とした取引はほとんどないものと考えていいでしょう。

取引ペアの柔軟性が少ないのはデメリットと言わざるを得ません。

それを克服するために、イーサデルタのようにそのプラットフォーム上にあるトークン同士の取引を可能にするなど、対策を練っています。

サポートがない

当たり前のことですが、分散型取引所は中央管理者が存在しないため、サポートなどはほとんどないものと考えていいでしょう。

例えばもし自分で取引板を作成してオーダーした際に桁数が違っていた場合に気づかず取引が成立してしまった場合など大損することになったとしてもそれを保証する人は誰もいません。

また誤って秘密鍵を誰かが入手してしまい悪用されてしまったとしてもサポートしてくれるということはありません。

自分の資産を自分で守れるということは裏を返せば、自分で守る能力がなければいいカモになってしまい誰も助けてくれないということですね。

厳しいようですが自分の身は自分で守りましょう。

分散型取引所を利用したプラットフォーム3選

EtherDelta(イーサデルタ)

イーサデルタはイーサリアムブロックチェーン上に存在する分散型取引所です。

イーサリアムとトークンのペアでの取引だけでなく、トークンとトークンのペアでの取引をすることができるのが魅力的なところです。

登録方法も非常に簡単であり、MetamaskやMyEtherWalletを使って資産を管理しながら取引を行うのが一般的となっています。

ICO直後やまだ他の取引所に上場前の新規イーサリアムトークンが多く上場しているため、将来性のあるトークンに出会うには絶好の取引所となっています。

イーサリアムで資産運用されている方には非常にオススメです。

Counterparty(カウンターパーティー)

カウンタパーティーはビットコインのブロックチェーン上にある、分散型取引所を採用した金融プラットフォームです。

ここではXCPという独自の通貨を元に取引されていますが、ここプラットフォームの一番の魅力はこのXCPを元に独自のトークンを発行することができ、トークンビジネスがもっと身近になり、それを加速させているということです。

分散型取引所の制度を採用することは、個人の直接のやりとりを加速させ中間管理者が存在せず自由に公平にビジネスを行えるという仮想通貨が目指すべき目標に大きく貢献していると言えるでしょう。

Waves Lite Client(ウェーブスライトクライアント)

いま最も勢いのある分散型取引所を利用したプラットフォームはWavesです。Wavesは分散型取引所の機能を備えた総合プラットフォームとなっています。

利用者はウォレットをダウンロードするだけで、その中で取引することができます。

さらにこのWavesが注目されているのはフィアット通貨とも取引できるという点です。

いまはUSドルとユーロの二つだけですが、今後は中国元、日本円などが追加されることが期待されています。

まとめ

分散型取引所は新しい取引所のあり方です。

かつての中央集権型取引所では、他者を信頼しなくても成り立つというブロックチェーンの強みに対して、取引所の運営元を信頼しなくては成り立たないという矛盾がずっとつきまとっていました。

しかし分散型取引所はその問題を解決しました。

いまはまだ始まったばかりでユーザー数も少なくそれによるデメリットもありますが、時間が経てば、この問題は解決されるでしょう。

これから間違いなく発展する分散型取引所、人より早く挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です