ハードウォレット

ハードウェアウォレットとは?

ハードウェアウォレットとは、ビットコインをはじめとする仮想通貨を安全に保管するディバイスのことを言います。

わかりやすくいうと字のごとく仮想通貨用のお財布ですね。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は取引所に置きっぱなしではハッカーから盗まるリスクがあります。

今年1月に起きたコインチェックでのネムの盗難騒動はあまりにも有名ですね。

取引所に仮想通貨を入れておくのは盗難リスクがあるということです。

ハードウェアウォレットはネットから切り離した状態で仮想通貨を保管する安全な手段として、必ず必要なものです。

取引所は大量の仮想通貨を保有していることから常にハッカーに狙われています。

実際に多くの取引所から何億円という単位でハッカーにビットコインを盗まれている事実もあります。

失ったコインは戻ってきません。

仮想通貨は自己管理が必須でセキュリティー意識も自己責任なのです。

実態のない仮想通貨はそういった理解を自分で深めていき、何が安全であるか?すべて個人で判断する必要があります。

スマホやパソコンで使うウォレット(ホットウォレット)はインターネットに接続している環境下から常にハッカーの脅威にさらされています。

ハードウェアウォレットはすぐに使わない金庫のようなものです。

持ち歩いて使う分はスマホやブラウザのウォレットに、そうでないものはハードウェアウォレットにと使い分けるのが大事です。

コールドウォレットとホットウォレットの違い

仮想通貨を保管するウォレットの種類は大きくはコールドウォレットとホットウォレットに分かれます。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は取引所のアプリのウォレットだけではありません。

送金をするためのスマホやブラウザで使えるウォレットアプリや紙にQRコードを印刷して保管するペーパーウォレットとハードウェアウォレットがあります。

インターネットに接続可能な環境ですぐにビットコインやアルトコインを送金可能な状態なのはホットストレージといい、スマホなどで使える取引所のウォレットなどはホットウォレットといいます。

インターネットから完全に切り離した状態をコースドストレージといい、コールドストレージで保管できるものをコールドウォレットといいます。コールドウォレットはペーパーウォレットやハードウェアウォレットです。

このホットストレージとコールドストレージをきちんと使い分けて仮想通貨を保管するのが大事です。

取引所ではハッカー対策として何割かの仮想通貨はハッカーに盗まれないようにコールドストレージで保管されてるといわれています。

ホットストレージには少額で日常的に使う可能性がある分の仮想通貨を入れておき、コーストストレージですぐに使わない大金を保管しましょう。

ホットストレージのメリットとデメリット

ホットストレージで使うホットウォレットは、スマホのアプリのウォレットやブラウザアプリのウォレット、取引所のアプリのウォレットのことを言います。

すぐに送金ができる点、QRコードの読み込みでの送受金ができる点はかなり便利で大きなメリットではあります。

ホットストレージのメリットは、パソコンがなくてもスマホからすぐに送金・受金ができる点です。

しかしホットストレージであるホットウォレットに資産の大半のビットコイン等を置いておくのは問題です。

ホットストレージの最大のデメリットは、ビットコイン(その他仮想通貨も)は常に盗まれる危険にさらされているからです。

取引所は常にハッカーに狙われています。

そして実際に多くのビットコインは盗まれているのです。

すでに日本の大手取引所でもビットコインの不正送金の被害にあっている人も存在しています。

そのため、取引所のウォレットやウォレットアプリには大金を入れておかず、ホットウォレットにいれておく仮想通貨は少額にしておくことが大事です。

コールドストレージのメリットとデメリット

コールドストレージのメリットはインターネットから切り離された状態で秘密キーを保管するため、ハッカーの脅威にはさらされないという点。

コールドストレージの代表的な存在はハードウェアウォレットとペーパーウォレットです。

ではハードウェアウォレットとペーパーウォレットは何が違うのか?説明します。

コールドウォレットはハードウェアウォレットが一般的

ペーパーウォレットよりも一般的に使われているのはハードウェアウォレットです。

ハードウェアウォレットが選ばれる理由としては、ハードウェアウォレットの場合は秘密キーさえあれば、自分の保管した仮想通貨にアクセスできます。

壊れたり紛失しても秘密キーさえあれば代替えが効くという点です。

また複数の種類の仮想通貨を入れることができるという点も管理の面でペーパーウォレットよりははるかに楽です。

ハードウェアウォレットは初期設定時に秘密キーを必ず自分でメモします。

このメモした秘密キーは人に見られない場所に大事に保管します。

この秘密キーはネット上にあってはいけないものです。

秘密キーをスマホで写真に撮ってクラウドにのせてしまったり、他のiPhoneなどに共有されてしまったら問題です。

またウェブサイトに秘密キーを入力しては絶対にダメです。

コールドストレージといわれるハードウェアウォレットで秘密キーを無くしてしまえば、何の意味もありません。

すべてのウォレットに関して言えることですが、どれも自己責任で管理が重要ということを自覚してください。

ぺーパーウォレットで管理する方法とメリット、デメリット

物理的にインターネットから切り離した状態で保管できるペーパーウォレットはインターネット上で無料で作成することが可能です。

こちらのペーパーウォレットの画像は実際にbitaddress.orgで作成したものです。(もちろん中身は入っていません)

bitaddressでは秘密キーと公開キーのペアを作成することができ、そこにビットコインを送金して保管するという方法です。

秘密キーと公開アドレスのQRコードを上の画像のような状態にしてプリントアウトして保管しておくことができます。

このペーパーウォレットを写真に撮って画像としてUSBやSDカードに保存しておくというのもありです。

しかし、ペーパーウォレットで保管した場合、万が一、家が火事になってしまった、無くしてしまった!といった時にはもうどうしようもありません。

特にペーパーウォレットとして紙にプリントアウトしたものしかなければ、ビットコインは紙そのものがなくなればどうすることもできません。

そしてペーパーウォレットは送受金の履歴などはもちろん残りません。

ペーパーウォレットのメリットとしては、チップなどのように少額をプリントアウトして他人にあげることができることです。

以前はよくビットコインセミナーなどで500円ほどのビットコインが入ったペーパーウォレットを配っていることがありました。

ハードウェアウォレットでの保管が安全?

ホットストレージ、コールドストレージではコールドストレージがハッカーに盗まれるリスクが少なく安心ですが、一番の問題はその管理です。

ハードウェアウォレットを無くしたり、秘密キーをなくしたり、忘れてしまった場合、もうそれは二度と戻ってくることはありません。

自分自信の操作ミスや管理の甘さで中身の仮想通貨資産を失う可能性があります。

ホリエモンの知人も仮想通貨が何百倍になる前にに買った20万円分の仮想通貨をセルフゴックスしています。(今持っていれば億単位になってるとか。)仮想通貨の取扱は最終的にすべて自己責任なので気を付けたいです。

とはいえ、取引所やホットウォレットでは常にリスクにさらされているので、やはりハードウェアウォレットを持つことが重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です